<   2018年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

美容院日和の天気を待つ

雪かきをしない日はないのではないかという位、毎日雪かきをしています。
e0378694_07432678.jpg
美容院に行きたいのですけど、少し弱くなったママさん、雪道の運転は心配らしくて、晴れた日☀️に行こうという話なのですけど、晴れた日がありません😓。


少し位晴れてくれても良いのに、と思わなくもない毎日です。



[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-31 07:42 | ファッション等の仕事 | Comments(0)

児童小説の題名

児童小説の題名を考えました。

"メレックとアコーディオン"
    Mereck  with  accordion

出来れば大人ディズニーアンドピクサー映画になれば良いと思っています。

寒いこちらですけど、上京後に書き始められたらと思っています。
e0378694_11021588.jpg
雪かの様に小説の仕事はたまっていく一方ですけど、ほどほどにしつつ書けたらと思っています。



[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-30 10:59 | 作家の仕事 | Comments(0)

対談の仕事等

新しく対談の仕事が週刊誌an・anさんにて決まりました。

同雑誌で連載しているある作家さんには、「毎週って大変よぅ。」と言われました。

考えてみると毎週は大変だなぁと思うのですけど、出来る限り頑張ってみたいと思います。

e0378694_12263908.jpg
本や映画等を知る機会が増えるかもしれませんけど、毎週とは大変だなぁと段々思う様になってきました。

月刊誌日経ウーマンさんでは鼎談(ていだん)にしようかと思っています。

宜しくお願い致します。




[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-27 12:23 | 作家の仕事 | Comments(0)

以前年上の男性とデートした時のこと。

バーにも連れていってもらったのですけど、それで終わりました。

相手の男性はバーにまで連れていったのに寝られないなぁと思ったらしいです。

夏の夜だったのですけど、熱気という誘惑が私自身にあったのですけど、そこでお互いにお別れとなりました。

夜のデートは判断らしき物を惑(まど)わせる気が今はします。
ある意味、気を付けて下さい。

でもデートは先ず食事からというのもあるとは思いますけど。


やっと寒波が終わるかもしれない、今は岩手なのですけど、昼営業のカフェにて「この前のデート、失敗しちゃって。」なんて話題になったらなんて思っています。
e0378694_07392124.jpg

なんて、ちゃっかり未だオープンしていないカフェの宣伝です。



[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-27 07:23 | カフェNBDより代官山通信 | Comments(0)

鎌倉通信

本日より私のカフェについて、こちらのブログに書くことにしました。

新しい女友達もカフェに参加しています。


本日は再び私を置いて😭、鎌倉に遊びも兼ねて行くらしいです。

e0378694_06204046.jpg
私はこれでも未使用のハンカチを用意して、外出を楽しみにしています。

代官山、鎌倉通信の様な物もお届け出来たらと思います。





[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-27 06:17 | カフェNBDより鎌倉通信 | Comments(0)

対談の仕事

今、パン🍞のことに忙しいのですけど、日本🇯🇵の雑誌"日経ウーマン"さんにて対談の仕事が決まりました。
e0378694_16444019.jpg
第1回のゲストはある女性の作家さんにしたいです。

基本的には身近な人になるかもしれませんけど、楽しみです。

宜しくお願い致します。




[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-24 16:41 | 作家の仕事 | Comments(0)

邦画の小説の仕事

日本🇯🇵映画の仕事が決まってしまいました。

私が小説を書きました"セピア〜潮風薫るレストラン〜"の続編です。

私の手帳の今月は小説の仕事にて真っ黒とまではいきませんけど、いっぱいです。
e0378694_12084053.jpg

念の為、今、アメリカ🇺🇸映画の小説の仕事は休業させてもらっています。

だからという訳もありますけど、日本🇯🇵の映画の小説を書いています。


日本の古都の一部でもある鎌倉を再び舞台とさせてもらおうかと思っています。

でも撮影に関して迷惑を掛けるかもしれませんでして、控えめにしたいと思っています。


彼友が彼女を鎌倉に連れていきたいらしくて、今日鎌倉に電車🚃で出掛けているらしいです。

私のその女友達は取材も兼ねて♫、と思っているらしいです。

何の取材👀?、と尋ねるといつか鎌倉に支店を出店する計画を私の後ろ盾に持ち掛けられたとか。

私の彼氏は、車で連れていってもいいから、今日は御免、と思っているらしいです。

鎌倉は何となく電車で行きたい気がします。
でも楽しみにしています。


[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-23 12:04 | 作家の仕事 | Comments(0)

脳の開花は未だ

私の後ろ盾が私のデザインの脳がいっぱいある訳ではないけど、未だ開花しないなぁと思っているらしいです。


見せる人々がいないと張り合いにならなくて、お洒落する気が失せるのです。


多分ぷりぷりはしているんですけど、でも才能の様な物があるのだろうか?というのもあるんですけど。

ある漫画家さんが発売した香油も使って、乾燥を防いでいるのですけど、張り合いのない生活でして。
e0378694_15510969.jpg
後ろ盾は日本🇯🇵経済の為にと一働きしてもらいたいらしいです。

世間にて社員かの様に働くのは私は懲りている部分もあるんですけど😥。

まあ、少し待ってとのことです。




[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-21 15:45 | ファッション等の仕事 | Comments(0)

小説"花の賞味期限"を書き上げまして、小話をと思って書いています。


この度演じてくれる女優さん等の話ではないのですけど、実は小悪魔な雰囲気の女性って持てるのではないかと思うんです。


ぶっちゃけますと、人気のある役柄だったりしますし。


私の年齢だろうか?になると香水が似合うキャラだったりして。
e0378694_12161314.jpg

男性は女性に翻弄(ほんろう)されたいとかあるのだろうか?

だから小悪魔の様な女性に魅了されたりして?


勉強会を開いてほしいとの要望が属している事務所にもあるらしいのですけど、存在そのものが小悪魔な私✨✨。

ってのは冗談ですけど💦、緩急(かんきゅう)と言うのか笑ったり泣いたり出来る人って時々見掛けるけど、自分の気持ちを表現出来る人って魅力的に見えるかもしれません。


勉強会の話は未ださて置きまして、男性でも翻弄されたい願望とかを持っていて、可愛い💕部分があるのかなぁなんて思います。

勉強会を開くとすれば、テレビ等でももう少し私の雰囲気を知ってからとの方が良いらしいです。

どの様に見られているかは私には分かりませんけど、ということです。


[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-18 12:07 | 短編小説 | Comments(0)

「お肉柔らかくて、美味しい。」

改まって彩未を見ると豪快な食べっぷりだった。

「美味しそうに食べますね。」

浅尾はよく彩未に話し掛けている。マサは浅尾も彩未狙いかと思ってがっかりしていた。

翌日は観光として札幌から小樽に移動した。
オルゴール館にも行ってみたいと里中は言った。

「誰にプレゼントするんだろうか?」

彩未とは未だ付き合っていなくて、プレゼントすることはないだろうとマサは思った。

浅尾はディズニー映画のアラジンの主題歌の"ホールニューワールド"の天使のオルゴールを買った。

マサは彩未にプレゼントか東京に彼女がいるのたろうかと思った。

シャツも新調したのになぁと残念に思っていた。

宴もたけなわになって、東京に戻った。
マサは真上川には蟹を送っておいた。

出張から戻ると、いつもの日常となった。

マサは里中に言われた。

「僕も未だ恋人探しはするから、マサちゃんも頑張ろうぜ。浅尾君、マサちゃんに気があるかもしれないって僕は思うけど。男同士の話だ。」

マサは男性のみで北海道の歓楽街、すすきのに行ったのだろうかなんて考えた。

浅尾が私に気があるのも分からなかった。

その頃、蟹が届いた真上川は野田と買い物に出掛けていた。

「マグカップならあるだろう?」

「マサちゃんに蟹のお礼としてプレゼントするの。」

「お揃いのをか?」

「蟹🦀が恋を運んでくれたらしくて、彼氏が出来たんですって。」

e0378694_07032120.jpg

その頃、マサは浅尾から北海道で買ったオルゴールの音を聴いていた。

浅尾がプレゼントした相手はマサだった。

「共に歩いて行こう。」

浅尾のその言葉にマサは

「うん。」

と言った。

マサはこれから訪れる春かの様に温かな気持ちになっていた。

-終わり-

約一週間に渡ってお届けしました小説を読んでもらいました。

花の賞味期限は未だ未だであることを願っています。

ありがとうごさいました。





[PR]
by rinstudio_i98 | 2018-01-18 06:19 | 短編小説 | Comments(0)